学生時代の服が役に立っています。

私は歯科衛生士学校時代の白衣や教科書などをなかなか捨てられず、卒業から約五年経った今でも全て取っておいています。

空き部屋を一室歯科衛生士グッズが占領しているので、正直かなり邪魔です。でも、衛生士の友達が「教科書やノートは捨てないでおいたほうがいいよ。仕事で分からない時に使えるから。」とアドバイスしてくれたので、捨てないでおこうと考えています。
それに、授業と実習を乗り越えた証として、なんとなく捨てにくいというのもあります。
当時の白衣やエプロン、帽子、実習用カーディガン、マスクなどは便利ですよ。
さすがに白衣は着ていませんが、カーディガンは夏以外はずっと着ています。医療用だからか、やけに丈夫な生地で、サイズも大き目で動きやすいのです。

今日は一日家事を頑張るぞ、という日は必ずこのカーディガンを着ます。学校を卒業しても、その時の服って無駄にはならないんですね。